住宅の環境を整える|しっかりとしたホームを入手する

電波の入手

アンテナ工事をする上で事前に確認しておくべきこと

man

地上波放送には地上波用のアンテナ工事、衛星放送にはBS/CS用のアンテナ工事が必要となります。 その他、光ファイバーインターネットサービスの付随サービスとしてアンテナ不要でテレビが視聴できるサービスもあります。 地上波用のアンテナ工事ですが、前提として地上デジタル放送を受信できる地域であることが必要となります。 デジタル放送推進協会のホームページで設置場所の電波状況を確認することができます。 衛星放送は日本国内であれば受信できない地域はほとんどありませんが、悪天候で受信不能になりやすいので注意が必要です。

アンテナの設置、工事

アンテナ工事ですが、設置する地域や環境によって選ぶアンテナも必要になってくる機器も全く異なります。 そのため地上波放送、衛星放送ともに関東圏の一般的な受信環境だとして記述します。 関東圏の地上デジタル放送は東京スカイツリーからの電波を受信することが基本となります。 電波の強さは東京スカイツリーからの距離に反比例するため、それに合わせてUHFアンテナを選定します。 アンテナの設置ですが、壁掛けやベランダ設置を前提とした製品であれば非常に簡単です。 ある程度大きなアンテナは屋上や屋根の上に設置しワイヤーで引っ張って固定することになります。 アンテナの向きは測定機器を使うかテレビへ繋いで電波の受信状況を見ながら微調整してください。 屋根の上での作業は危険なため、アンテナ設置だけでも業者に任せることを推奨します。 衛星放送の受信ですが、南西の方角上空に向けてアンテナを設置することになります。 空へ向かって障害物がなければベランダ等への設置することも可能です。 また、地上波用アンテナの近くへ併設しても良いでしょう。 最後にアンテナからテレビまで同軸ケーブルの敷設を行います。 アンテナからケーブルを延ばし、壁に穴を開けるかエアコン用の穴などを利用して室内へ引きとおして配線します。 壁内に同軸ケーブルが敷設済みであり、部屋にテレビコンセントがある場合は壁内の同軸ケーブルへ接続するだけで済む場合もあります。